忍者ブログ

◆制作記◆

Home > ブログ > イラスト関連

新しいペンタブが来た

動作のおかしいままFavoでがんばり続けてたけど
ようやくWin10対応のIntuos新しめバージョンを購入


元値は8000円くらい?のやつを中古半額でゲット。
絵の描き心地や操作性はあまりFavoと変わらないですね。
デザインだけスタイリッシュになった感じ。

モニタ22インチでsサイズは小さすぎかなと思ったけど、
以前のSサイズより描画面積が少し広くなってるので
そんな不便も感じることなく普通に使えてます。

良いところは板もペンも軽くて持ち運び◎で場所もあまり取らないこと。
板に4つのショートカットボタンが付いててちょっと便利。
芯の交換キットがペンについてて交換が簡単そう。
必要十分な機能で余計な付属品もなく、良心的な値段設定。
セットアップも簡単、細かい設定画面も分かりやすく初心者に優しい。

自分的に難だったのは
紙に描く感じを再現したかったのか、ペンと板の摩擦感がけっこう激しく
(黒板とチョークみたいな)すぐ芯がすり減りそうな感じ。
今までツルツルの板に慣れてたので、この摩擦感は慣れない。
(今は板にビニールをかぶせて表面ツルツルにして使ってます)
あとPC起動の度に、設定した各種ペン設定が全てリセットされるという
謎のバグが何やっても治らない。それ以外は満足してます

PR

style2paintsをインストール

どうやらダウンロードしてオフラインでも使えるように
できるらしいぞと聞いて、やってみましたよ

<やり方参考サイト/style2paintsV3導入方法(Windows10編)>
https://twitter.com/mugon43/status/1032603469289406466
http://itsukara.hateblo.jp/entry/2017/01/29/064926
http://miyako.hatenablog.jp/entry/2018/03/02/021544
https://co.bsnws.net/article/251

<チェイナーさんはこちら>
https://www.ka-net.org/blog/?p=8171
https://blog.techlab-xe.net/archives/5115
http://itsukara.hateblo.jp/entry/2017/01/29/064926

結果から言いますと撃沈しました(;∀;)
コマンドプロンプトというやつで作っていくんだけど
ウディタの変数とか非にならないくらい難しいし、
バグが出まくって全然進まないし、そのバグ文も
意味不明な文字列で全然分からず、検索しても
小難しいことばかり書いてあって全然理解できないし、
言う通りに進んで必要ファイルダウンロードしてったら
2GBくらいのデータをいくつもダウンロードさせられ
計15GBくらい落としてインストールしたのに
Errorとなって全く解決してくれないし
もう、なんかここ数日、禿げるくらいがんばったけど
無理でした・・・・_| ̄|○

コマンドプロンプトとかいう宇宙言語は
私の頭では理解不可能だった。
あれを理解して使いこなせてる人は
0と1で世界を創造できる神の素質あると思う

一つのソフト動かすのに、こんなに大変だと知って
ちゃんと素人でも使えるようにパッケージングされたソフトは
めちゃめちゃ親切なんだなと思えました

そんなわけでオフライン構築はあきらめて
素直にウェブサービスの方を使おうと思います
待ってればそのうちダウンロードできるソフトに(有料でもいいので)
してくれるかもという期待を持ちつつ…



<補足メモ>
Tensorflowは現在Python3.5.xしかサポートしてないため
最新版でなく
Python3.5
TensolrFlow1.5.0
を指定してダウンロードする(指定しないと自動で最新版にされる)
その場合は削除して入れ直すか、コマンドでダウングレートが必要。
その他の必要ソフトも最新Verは非対応のことが多いため
対応バージョンを確認してそのVerを入れないとエラーになる。
<エラー時参考サイト>
https://www.lisz-works.com/entry/pip-err-msgpack-not-installed
https://qiita.com/tomochiii/items/fe4c791b313ddcef4cd7
https://www.webike.net/staffblog/5399/

win10とペンタブの難

win10にしてからペンタブの動作がおかしくなったという話は
山ほどあるようですが、それもwin10がペンタッチ入力とか
タブレットモードだとか色んなペン関係の機能を
追加しまくってしまったために、競合したり混雑したりで
挙動がおかしくなってしまってるようです。
私のペンタブも今マトモに動いてません。

完全に治ってないので参考にできるかわかりませんが
一応調べてやった対策などメモ(ワコムFAVO使用)

・ワコムのペンタブレット設定画面(プロパティ)で余計な機能のチェックを全て外す
・コントロールパネル→ペンタッチ画面で余計な機能を全部外す
・座標検出モードをマウスorペンの動作が正常な方を選ぶ
・デジタルインクの使用ON・OFF動作が正常な方を選ぶ
・プログラム→管理ツール→システムでTouch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを無効に
・Winマーク+iで出てくるWin設定画面のデバイスでペンとWindows Inkの余計な項目を外す(視覚効果など)
・同じくWin設定画面のシステム→タブレットモードで正常動作する方を選ぶ
・コントロールパネルのプログラムの追加と削除みたいな所で
ペンタブ関係の余計なプログラムがあれば削除する
タブレットドライバをwin10用の最新のものをインストールし直す
・winアプデで最新状態に更新する

私が使ってるペンタブが古いせいかもですが、色々いじって、
設定をAにしたら普段動作は問題ないけど、筆圧無効になってお絵かきできない、
設定をBにしたらお絵かきは正常にできるけど、普段使い時にバグる
みたいな感じでどうがんばっても両立が不可能状態です。

なのでこれはもうWin10対応の新しいペンタブ買い直すしか
完全な解決策はないかなと思ってる所です(- -)

絵師の救世主


このイラスト、そこそこの絵師が
そこそこの時間かけて描いたのかな~って感じじゃないですか?
でも実は・・・

私がボールペンで紙に書いた絵をデジカメで撮ったやつを
自動着色ソフトに10秒くらいで塗ってもらったやつでした(^o^)
すごくない?今どきのソフトの進化っぷり。私はたまげた。

paintschainerというオンラインサービスで、
線画をアップロードすると自動で色塗りしてくれる。

元の線画が鮮明だとクッキリしっかり着色してくれる。
上のボールペン画像みたいな不鮮明のだとぼんやり風。

色塗りのバリエーションは3つ。チョイスはお好みで

各絵の色塗りにかかってる時間10秒ずつ。
今までの苦労は何だったんだろう。私が絵師なら泣く(T T)

自分の場合、めちゃくちゃがんばれば線画までは描けるんだけど
色塗りのセンスが致命的にないので、線画の状態で止まってるやつが
大量にあって、そこに来てこれですよ!

ただこれ今はjpeでしか保存できなくて、透過できないので
そこはちょっと致命的な部分ではあるんだけど
PNG透過保存できる有料版ソフトとか出してくれないかな~

動画ファイルダイエット

エンドにちょっとしたムービー入れたいと思って
ストックの中からどれにしようかなーと選んでたら
動画ファイルサイズの大きさが気になってきて
ムービーメーカーを使ったサイズダイエットのやり方を
調べてみたのでやり方を載せてみる。

※ウディタ内で使うこと前提の設定です。
使う時には連続スクショで静止画にして
ピクチャ表示でgifアニメーションのように連続表示させて使います



1.winムービーメーカーを開く
(私のPCはwin7ですが、10だと無いかも?)
ダイエットしたい動画ファイルをD&Dで開いて
読み込み完了するまで待つ

2.編集タブを開き、余計な部分をカットする
他に画像を挟んだり効果を入れたい場合はお好みで編集する

3.ホーム→ムービーの保存→カスタム設定の作成をクリック
幅640ピクセル、縦480ピクセル、オーディオなしで名前をつけて保存

4.作ったムービーをその設定でmp4出力すれば
ウディタ用ダイエット動画完成☆

フリー素材で出回ってる動画はだいたい640×480より大きく
画質もだいぶよく、音も付いてたりするので
最低限の品質まで削ることで、ファイルサイズはだいぶ小さくなります。