忍者ブログ

◆あまなつ制作記◆

Home > ブログ > 雑談・ぼやき

アクセス数が減った

久々にアクセス解析見てみたら、
ここ最近のアクセス数がいつもの1/10くらいに激減してて、
(´・ω・`)??と思って
あんまりつまらないゲームばっか作ってるから見放されたか、
気付かないうちに何かやらかして、嫌われたのかな?
とか色々考えたけど、よく考えたら
先日記事を大量に削除したんですが
ブックマークをその削除記事に貼ってた人が
実は沢山いたんじゃないか
という説に思い当たりました・・
たぶんそうですよね。やらかしました(T∀T)
ただでさえ少ないブログ読者さんが(T∀T)
せっかくブクマ貼ってくれてた皆様すいません。
今後は大量削除とかやらないと思いますが、できたら
ブクマはトップページに貼っていただけると嬉しいです。


拍手

PR

動画ファイルダイエット

エンドにちょっとしたムービー入れたいと思って
ストックの中からどれにしようかなーと選んでたら
動画ファイルサイズの大きさが気になってきて
ムービーメーカーを使ったサイズダイエットのやり方を
調べてみたのでやり方を載せてみる。

※ウディタ内で使うこと前提の設定です。
使う時には連続スクショで静止画にして
ピクチャ表示でgifアニメーションのように連続表示させて使います



1.winムービーメーカーを開く
(私のPCはwin7ですが、10だと無いかも?)
ダイエットしたい動画ファイルをD&Dで開いて
読み込み完了するまで待つ

2.編集タブを開き、余計な部分をカットする
他に画像を挟んだり効果を入れたい場合はお好みで編集する

3.ホーム→ムービーの保存→カスタム設定の作成をクリック
幅640ピクセル、縦480ピクセル、オーディオなしで名前をつけて保存

4.作ったムービーをその設定でmp4出力すれば
ウディタ用ダイエット動画完成☆

フリー素材で出回ってる動画はだいたい640×480より大きく
画質もだいぶよく、音も付いてたりするので
最低限の品質まで削ることで、ファイルサイズはだいぶ小さくなります。

拍手

コンテスト応募を取りやめた

ゲームを作り初めてから
コンテストというものに応募したことがなかったので、
いつもお世話になってるゲーム投稿サイトふりーむさんに
はじめてコンテスト応募してみたんですが
今回は応募数が例年よりかなり多いみたいで(約500ゲーム…(゚ー゚))
どうしてもふりーむという拘りない方は
できれば辞退をという通知が来たので
チキンハートな私は辞退してしまいました。
やはりウディタリアンらしく、
はじめてのコンテストはウディコンにすべしという
天の思し召しかもしれないと思って
夏のウディコンに向けて、なんかいい感じの
ゲーム仕上げられるようにがんばろうかなと思います。

拍手

あのころ

Pixivでオリジナル絵を投稿してる人が
権版イラスト投稿するとめっちゃ人集まってきて高評価されるのに、
オリジナル絵投稿すると全く反応してもらえない
それが悲しくて投稿やめたってブログで書いてて

別の人は絵がそんなに上手じゃなくて
でも描くのが大好きで、楽しいから毎日描いてたのに
投稿サイトとかで他の上手い人が山ほどいるの見ちゃって
完全に自信をなくして絵やめちゃったって書いてて

最初はただ純粋に楽しんでやってたことが
いつのまにか他と比べ、優劣をつけられ、
ランキング順位やいいね!の数字に振り回されるようになって
もう描くこと自体が苦痛になったりトラウマみたいになったりして

そういうことって絵の世界だけじゃなく、
音楽でも小説でもゲーム創作の世界でもあることで
私もそういう位置にいる人間だし、
評価とか気にする方なんで
めっちゃ気持ち分かるんですけど

ああ、確かに昔は順位とか全然気にしてなかったなと。
今は新作出すたびに、DL数が
自分の前作を越せなかったら毎回落ち込んでますからね。

作ることが純粋に楽しくて
順位や出来栄え<作る楽しみ
だったあの頃の感覚に戻りたくもあるし
でも現実を知って落ち込んで闇落ちして
そこからまた這い上がりつつある今の感覚も手放したくない気もする。

拍手

RPGとADVの違い

いつもゲーム投稿する時、
RPG(ロールプレイング)なのか
ADV(アドベンチャー)なのか
カテゴリ指定に悩むので、
簡単に2つの違いを調べてみました。

<RPG>
参加者が各自に割り当てられたキャラクター
(プレイヤーキャラクター)を操作し、
一般にはお互いに協力しあい、
架空の状況下にて与えられる試練(冒険、難題、探索、戦闘など)
を乗り越えて目的の達成を目指すゲームである。(Wiki/RPGより)

<ADV>
テキストまたはグラフィックス(あるいはその両方)によって
現在プレイヤーの置かれている状況が提示され、
それに対しプレイヤーが行動を入力すると
行動の結果が提示されるので、
さらにその状況に対する行動を入力……
という操作を繰り返して進めていく、
コンピューターとプレイヤーとの対話形式で構成される。
プレイングに反射神経を必要とせず、
提示される様々な情報から的確な行動を
推理・選択することが求められる、思考型のゲームである。
同じ思考型のシミュレーションゲームやRPGゲームなどとは、
「複数の項目からなる主人公の能力等を表す数値」
が存在しない点で区別される。(Wiki/アドベンチャーゲームより)

簡単にまとめると
RPGはキャラを操作してダンジョン探索やボスを倒す
ドラクエやFFのような感じ、
ADVはテキストと立ち絵などがメインで
選択肢によってEND分岐する感じ、でしょうか。

でも例えば
閉じ込められた館の中で、探索&謎解きメインの脱出ゲーム、
立ち絵やテキストも多めでバトルもあり
とかだと、どのカテゴリにすればいいのか悩みますよね。

その場合のRPG、ADVの区別として見るポイントは
ズバリ「戦闘」「育成要素」。
戦闘によってレベルアップしたりスキルを覚えたりして
キャラクター育成要素があるもの、
育成要素がゲームのメイン要素の一つになっているものはRPG。
戦闘がないものや、戦闘あるけど
育成要素がほとんどないものはADVになるらしいです。

上記の謎解き脱出ゲームだと、
戦闘&育成要素がそれなりにがっつりあって
脱出のラストにはラスボスが待ち受けてる
とかだとRPG、
戦闘はオマケ程度で謎解きやテキストがメイン
ラスボスもなし、だと謎解きADVとなります。

拍手