忍者ブログ

◆あまなつ制作記◆

Home > ブログ > 雑談・ぼやき > ウディタとツクール

ウディタとツクール

<ウディタの長所>
・自分で好きにカスタマイズできるので
独自のシステムを作ったり、個性的なゲームを作れる
・応用範囲が広く、自由度が高い
・歩行グラが可愛い
・無料
・全部自分で作らないといけないため根気と知識が身につく

<ウディタの短所>
・初心者には敷居が高くてめげやすい
・ゲームオーバーや宿のシステムなど
全て自分で作らねばならないのでかなりの根気と時間が必要
・素材サイトや講座サイトがツクールほど多くない
・デフォルト設定のままではあまり使えない

<ツクールの長所>
・基本的なものが全て揃ってるから初心者に優しい
・素材サイトや解説サイトが多い
・メジャーなので沢山の人にプレイしてもらいやすい
・デフォルト設定のままで十分使えそう

<ツクールの短所>
・有料
・認証とかめんどくさそう
・次々新しいバージョンが出るので買い換えが必要?
・ウディタほどカスタムの自由度が高くなさそう?
↑(そこまでいじってないので断言できませんが)

ウディタはタグ打ち、ツクールはHPビルダーという感じです。
自分は最初ツクールにしようかと思いましたが
いざ買ってみて肌に合わなかったらどうしようと思い
まず無料のウディタで試しに作ってみるかと
軽い気持ちで作り始めてみたところ
ウディタに落ち着いてしまったのですが、
ゲームオーバーや宿のシステムさえ
自分で作らないといけない手間と労力は
初心者には大変キツく「ツクールにしとけばよかった・・!」
と何度も思いました。

ツクールだと「宿」を選ぶだけでいいところが
ウディタでは所持金判定→結果を変数1に代入→
変数1が200以上の時のみ所持金から-200G→
画面を暗くし→音楽を鳴らし→HPを全回復
→BGMを元に戻し→画面色を元に戻す
というアホみたいに多い手間が必要になります。
ツクールだと「飛行船」を選ぶだけで飛行船が使えますが
ウディタでは飛行船の歩行グラ素材を
ネットで検索するところから始めないといけません。

だからものすごく大変で最初はやってられるか!と
何度もめげそうになります。が、慣れてしまうと
どうってことはなくなり、あれほどの手間とややこしさに
耐えただけあって、もはや何事も面倒とは思わなくなり
むしろ楽しくなるという一種の悟りが開けます。
ウディタはゲーム制作スキルが身につく以外に
根気と自発性も身につきます。ウディタでゲームを作れるなら
大抵のことには耐えられるようになるでしょう。
手間と根気の必要量においては
ウディタでゲームを作ることに比べれば
大抵のことは楽なはずです。だからまぁ何が言いたいかというと
ウディタでゲームを作るのは大変だよということです。

拍手

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword