忍者ブログ

◆あまなつ制作記◆

Home > ブログ > 雑談・ぼやき > 底辺ゲームツクラーの現実

底辺ゲームツクラーの現実


●ゲームを世に出してもフリーゲームは世に溢れてるため
ランキングにでも載らない限り発見もされず
なかなかやってもらえない。まず存在自体が知られない

●やってもらえたとしても無反応は当たり前で
たまに来るメールはだいたいバグ報告か叱咤か宣伝。
感想とか来るかな(^-^)とわくわくして待ってると絶望する。

●自分のゲームの実況動画を見に行ったら
視聴者が見事に無反応で凹む+途中で投げられてて
見なきゃ良かったと後悔するのをわかっていつつも
それくらいしか励みがないので落ち込みながら見る

●どんだけがんばって作っても、何年かけたとしても
つまらなければ相手にされないorクソゲーと叩かれて終わり

●自信と自尊心が地面を突き抜けてマントルまで堕ちる

●ゲーム作りは音楽・絵・動画作り等と比べて
ダントツに手間・時間・労力がかかるし評価も辛らつ(自分比)
労力の割に報われないどころか逆に傷を増やすことも多い

●一度作り始めてしまうと、やすやすと途中放棄ができず逃げられない
特に何年もかけた長編作など抱えてると、独り立ちしてない子供を
放り出せないが如く、完成させるまで縛られる(心境的に)


底辺ツクラーの現実辛すぎ\(^o^)/
もはやある種の悟りが開けてくる\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

拍手

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword