忍者ブログ

◆あまなつ制作記◆

Home > ブログ > 雑談・ぼやき > 無名クリエイターの強み

無名クリエイターの強み

何ごとにも長所と短所があるものですが
知ってもらってなんぼのクリエイター界で
無名であることのメリットを無理やり考えてみた。

<失うものがない>
無名クリエイターは人気が落ちる心配や、
ファンが減る心配、評判が落ちる心配などが皆無。

<クオリティを気にせず好きなものが作れる>
ヒット作など出して人気クリエイターになってしまうと、
一定以上のクオリティの作品を出し続けなければいけないという
プレッシャーが出てくるし、自分の作りたいものより、
プレイヤー受けするものや人気優先の作品にせざるを得なくなってくる。
しかし無名クリエイターはそんな制限が皆無。

<制作期限を気にしなくていい>
ある程度の人気クリエイターは
ファンが次回作を楽しみに待っているため
制作期限へのプレッシャーがある。
しかし無名クリエイターは誰も待ってないため
好きなだけ制作に時間がかけられる。

<いつでもやめられる>
ある程度実績を積んだり、ファンを集めてしまうと
それらを簡単に放棄することはできなくなる。
やめたらまた1からやり直しになってしまう。
しかし無名クリエイターはやめてもやめなくても
どうせ1のままなので、いつでも気軽に
やめたり再開することができる。

<メンタルが鍛えられる>
人気クリエイターはファンのみんなに支えられてがんばる。
無名クリエイターは自分自身のみを支えにしてがんばる。
故にメンタルが微妙に鍛えられる。


拍手

PR

2 Comment

自分に言い聞かせている感じがしますね。

それは「他人を気にしないこと」の強みではないですかね。
わかっていながらに敢えて書いていますって感じですけども。
(メンタル面についてのみ言えばおっしゃる通りかとも思います。)

自分の好きなことを通じてついでに承認も得られることが最善なのでしょうけれど、なかなかそううまくはいかないものですよね。
自分にとってより重要な方を選び取って、泣く泣く選ばなかった方についてはきっぱりと諦めるしかないのですよね。苦しいですけど。

個人的には、理解が得られないつらさを耐え忍んででもやはり自分の好きなようにやることがベターかなと思います。
その中で、自分が無理せず許容できる範囲で少しずつ相手に擦り寄ることを意識すると、長い目で見たときにちょっとばかしの見返りも期待できるやもしれません。

などと偉そうにコメントをしてみる私は無名クリエイターにすら届かぬ身分の者なので、”口達者なワナビが知った気になって何か言ってる”程度にでも受け取って貰えれば幸いです。
ともあれ、陰ながらに応援しております。
チンチラシルバー様へ返信
  • あまなつ
  • (2018/10/08 15:22)
コメントありがとうございます。
自分に自信があったり、メンタルがしっかりしていれば
自分のやりたいことと世間のニーズが違っていても、
他人の評価を気にしないというか、振り回されずに
突き進んでいくことができるのでしょうね。
自分にはその要素が足りなくて、
しょっちゅう振り回されてウジウジと悩んでしまいますが、

>理解が得られないつらさを耐え忍んででも
やはり自分の好きなようにやることがベターかなと思います。

私も結論はそのように考えています。
答えはもう出ているんですが、孤独に負けそうになったり
どうにも割り切れない苦悩みたいなものはありますよね。
そういうのに共感してもらえる方がいて少し気持ちが救われます。
コメントありがとうございました。

くりえいたー

当方はフリーランスのクリエイターです。

無名というのが大きい区切りで見ているように思われます。
トップと底辺、100と0で見るとその通りなのですが、
実際にはそういった潔い区切りになっている事は稀です。
あまなつさんも作品を世に出していますし、
こうしてブログを見る人がいるのも一定数の目に入っているという事です。

あと無名だからクオリティが低くていいわけじゃありませんし、
クオリティと自分の好きなものかどうかも関係なく、
作品自体は有名無名関係なく練り上げていくのがクリエイターではないでしょうか。

ところで「人気」っていったい何でしょうね。
「多数に好かれる」のは分かりやすいものですが、
「少数に深く愛される」のもまた人気だと思います。
私は仕事の関係で前者に属さないといけないのですが、
本当は後者になりたいのです。ファンは正直一人いればいいし、
その人の為だけに作る人間になりたいです。

・・・と、こんな考えのクリエイターもいます。
あまなつさんの作品は珍しかったり好きな要素が入っているので、
その作風だけはずっと大切にして頂ければ幸いです。
抹茶好き様へ返信
  • あまなつ
  • (2018/10/08 16:19)
コメントありがとうございます。
クリエイターを有名か無名かの2択で選別することは
確かにできないですし、作りたいものと世間のニーズ
どちらを取るかも人それぞれですし、
どちらが良い・悪いではなく、色んな形があって良い世界だと思います。
頭ではしっかり分かっていますが、気持ちが着いて行かない時が多々あり、
そこは私の視野が狭かったり、人間性が幼いせいだと思います。精進したいです。

>クオリティと自分の好きなものかどうかも関係なく、 作品自体は有名無名関係なく練り上げていくのがクリエイターではないでしょうか。

真の芸術家はそうあるべきだと思います。
ただゲームというのはちょっと特殊で、
見たり聞いたりするのみの絵や音楽と違って、
プレイヤーにプレイしてもらわないといけないものなので
飽きずに最後までやってもらうために
妥協しなきゃいけない部分が多々あったり
クオリティもある程度高くないと無数の作品から選んでやってもらうことは難しいように思います。
そこがジレンマというか、駆け引きの難しい所ですよね。

>ファンは正直一人いればいいし、 その人の為だけに作る人間になりたいです。

それはまるで夫婦みたいですね!
そこまで思ってくれる人(ファン)がもしいるなら
私もそれでいいと思えるかもしれません。

>あまなつさんの作品は珍しかったり好きな要素が入っているので、 その作風だけはずっと大切にして頂ければ幸いです。

ありがとうございます。
作風はあまり意識していませんでしたが
自分らしさを失わないようにしていきたいと思います。

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword