忍者ブログ

◆制作記◆

Home > ブログ > 雑談・ぼやき

ふりーむさんのケチャップ素材

ふりーむさんが、ケチャップに特化したマップタイル素材
「ケチャップ素材」をリリースされたそうです。
http://stock.freem.ne.jp/illust/detail/22

<含まれているチップ>
・ケチャップ
・こぼしたケチャップ
・ケチャップをさわった手の跡や足跡
・壁や床に垂れたケチャップ
・ケチャップのついた何かを引きずった跡
・ケチャップのついた手でひっかいた跡
・ケチャップの矢印、数字、ローマ数字、
アルファベット、英語、日本語、漢字、呪文、記号。
・助けを求める言葉がケチャップで大量に書かれた跡
・愛を伝える言葉がケチャップで大量に書かれた跡
・ケチャップで書かれた目
・ケチャップ溜まり
・ケチャップしぶき
・大量のケチャップをこぼした跡
・ケチャップの車輪跡
・ケチャップの線、点線
・徐々にこぼれるケチャップ
・ケチャップを拭き取った跡
・ケチャップで書かれた魔法陣
・人型のケチャップ跡
・人の顔のようなものが書かれたケチャップ
・ケチャップの渦
・ケチャップの羽やバラ
・ケチャップで書かれた食器や木、木の実、葉っぱ

あえてケチャップと言い張る所、そして
チップの一つずつにシチュエーションが設定されている所に
並々ならぬこだわりを感じざるを得ません。
これはホラーゲームツクラーはダウンロードしておくべきでしょう。

PR

ウディコンに参加した感想

感想といっても他の方のゲームの感想とかではなく
参加者としての感想なんですが、
やっぱりちょっと、今回は参加すべきではなかったかなぁ
なんて思い返しているところです(T T)

一番の問題の一つは、1ヶ月程度でちゃちゃっと作ってしまった
力作でもなんでもない作品で参加してしまったこと。
2年もかけたScramble Taleでのエントリーとかだったら、
また違った心境だったかもですが
他の力作揃いの作品の中に、適当に作ってしまった作品で参加してしまい
他の作り手の方にも、プレイヤーの方にも
なんだか申し訳ない気持ちになってしまいました。

また、独自のシステムを作ったり、斬新な発想で
ウディタを感じさせないレベルの高い作品の数々と
あいかわらずデフォルト通りのRPGしか作れない
何年経っても成長できてない自分を比較してしまい、
さらに落ち込むことになったりして

そもそも自分のような極度のお豆腐メンタルな人間は
コンテストのような批評されてなんぼのイベントに気軽く参加するのは
自滅行為だったよなぁとか色々ぐるぐる考えて、
とりあえずウディコンへの参加は今回が最初で最後になると思います。
また今後他のコンテスト等への参加も、力作ができるまでは控えて
良い作品、自信を持って発表できる作品を作ることに注力したいと思います。

ウディコン2

ウディコンのエントリー、バグ修正も一通り終わりました。
色々ご感想や直したらいい点などアドバイスなどいただくのですが
ストーリーや世界観の関係でどうしても直せないというか
そこ一箇所変えちゃうと全体の設定変えないといけなくなるみたいな
このゲームに限らずですが、作者の中で完成してる裏設定とかがありまして
それがガラっと崩れてしまうような箇所は
締切りも間近ですとなかなか変更するのもリスキーでして、
なのでアドバイス通りに変更できない箇所などもあったりするのですが
その点は申し訳ないと思いつつも、ご了承いただけたら幸いです。

ウディコンは只今投票受付期間みたいです!
http://www.silversecond.com/WolfRPGEditor/Contest/cgi/contestVote.cgi


<拍手コメント返信>
2018-07-30   ななしさん
ウディコン締切りギリギリまで奮闘されていたとのことで
お疲れ様でした。間に合わなかったのは残念ではありますが
逆に期限を気にせず納得できるまで時間をかけられるので、
ぜひ良い作品を作ってください!(私は間に合わせるために
ボリュームを半分くらいに減らしてしまいました
/(^ ^)\)
 

ウディコンエントリーしてきた

他のエントリーもざっと見てきたけど
みんなすごい凝っててレベル高そうで(´Д`;)
「ウディタをはじめて2ヶ月、はじめての作品です!」
みたいな雰囲気をかもし出してるのが自分のやつです(エントリーNo.20)
もし万が一興味が持てましたらプレイしていただけると嬉しいです(><)
他にも素敵な作品がたくさんなので、こちらからどうぞ↓

<ウディコンエントリー作品ページ>
https://www.silversecond.com/WolfRPGEditor/Contest/entry.shtml


ウディタ最新Ver/ゲーム画面サイズ

久々にウディタ公式サイト見てみたら
2018/06/06に最新Ver2.23に更新されたみたいですね

でもサンプルゲームは変わってないw

ゲーム画面サイズがなんと
320x240(倍)・640x480・800x600・848x480・854x480
960x720・960x540・1024x768・1024x576・1280x960・1280x720
から選べるようになったとのこと
この中だとサンプルゲームは320x240(倍)なんでしょうか
私が作ってるのも全部そのサイズなので
最も小さい画面サイズなんですね

今どきのPCモニタも画面大きいし、
フリーゲーム画面もどんどんデカくなってるから
自分もゲーム画面大きくしたいのはやまやまなんだけど
製作途中のゲームサイズ変えるのって難しいというか
画像素材も全部320×240に合わせて加工しちゃってるし、
素材ストックしてある画像も320×240サイズで使う前提で
最小サイズしかダウンロードしてないし
今からサイズ変更するのは無理ゲーに近い。

最新版にはバグ修正とか追加機能とか色々更新要素ありますが
現在使用中のウディタは基本システムとかいじりまくってるので
バグが怖くてそれらも上書きする勇気もなく
ウディタ最新Verリリースされたものの
見送るしかないという…

とりあえず今作ってるやつが片付いて
また1から新しいの作るモチベが湧いてきた時には、
最新Verで、大きいサイズで作ってみようかな


<拍手コメント返信>
2018-06-10 ななしさん ウディタVSツクール(再)へのコメント
ウディタのマップチップサイズ、縦6000ピクセルくらい可能なんですね
なんとなく3000くらいを過ぎると動作重くなりそうな気がして
それくらいで収めていましたが、けっこう余裕あるんですね。
ツクールは素材集めの手間が省けるのと、機能が充実してて
初心者でも使いやすいのが良いですね!