忍者ブログ

◆あまなつ制作記◆

Home > ブログ > 記事一覧

うまく塗ってもらうコツ

スタツーさんでうまく塗ってもらうための
線画のコツ的な

影にしてほしい部分をうっすら書いておくだけ\(^o^)/
多分誰でもすでにやってると思うけど
自分はバケツ塗りをしていたため、余計な線(服のシワとか)があると
バケツ塗りがうまくできないため、線画の時点で
シワなどをほとんど書かない派だったので
そのままスタツーさんにかけると
やたらのっぺりとした仕上がりになってしまっていた


けれどあらかじめ影ラインを書いておくことで
スタツーさんが微妙に色分けしてくれて
なんかちょっと凝った感じに見える+(o'∀'o)+
特に髪と服は入れた方がいいけど
線が濃すぎると不自然になるので、できるだけ薄い線で、
しかし認識してもらえる程度にはしっかり入れるのがコツ。


微妙な違いだけど、この補助線を入れておくと
色指定がしやすくなるので、グラデーションぽくしたり
バリエーションも楽しめる

今40枚くらい着色作業やったけども
これが現時点での精一杯
来年は練習してもう少しうまくなりたい(`・ω・´)


拍手

PR

スタツーさんの選り好みが激しい件

左/普通の男子 右/露出高め女子
線画の時点ではあまり差はない
この2つをスタツーさんに塗ってもらうとこうなる


↓↓↓↓↓↓


男子/塗る気なし。線も汚いまま  女子/めっちゃ気合入れて塗る。線も綺麗に補正

なんだこの差は\(^o^)/
やる気の違いがあからさますぎて笑ってしまった

拍手

ペイント3Dで人物切り出し

Windows10にもともとついてる3Dペイントというソフトで
人物切り出しができると聞いてやってみた

◆参考元/ペイント3Dで合成写真を作る方法!5分で完成!
https://paint.blueskyzz.com/apply/composite-photograph/

(画像/イラストAC Iさんより)
 →
背景色と人物の色が似てるので、切り出しの難易度は高めですが
切り出しの範囲をペンツールで選んだり、
消しゴムツールで除外できたりするので
任意の範囲をちゃんと切り出すことができました( ^∀^)

編集画面

最初にソフトが自動で大まかに切り取ってくれるので、その後に手動で修正。
ペンツールでなぞった部分が切り取り範囲に加えられる

背景に別の生き物がいたり、ゴチャゴチャした感じでも

地道に切り出し範囲を選択すれば切り出し可能

選択ミスで指が消えてしまった( - - )

ボタン一発のウェブサービスより精度が高く
好きな範囲で切り取れるのでとても便利です(=^ω^=)
デメリットとしては選択ミスに後で気づいても
切り出した後は修正不可で最初からやり直しになることと、
選択範囲がけっこうわかりにくいこと、
透過保存のやり方がちょっと面倒なこと、
でしょうか。でもフリーソフトでこの機能は十分だと思います。
これからはこのペイント3Dで透過PNGを作ろうと思います(=^ω^=)

拍手

AI自動透過サービス

透過問題について頭を悩ませていたところ
ダメもとで検索してみたら、
なんとAI自動透過サービスなるものを見つけた\(^o^)/

写真から人物のみを切り取って背景を透過させてくれる
オンラインサービス「remove.bg」https://www.remove.bg

↓↓↓



これでイラストでも切り取ってくれるのかやってみた
(画像/イラストACより)

認識された( ゚∀゚)
一部うまく切り取れてないけど、
足元とかは拡大してもモロモロせずキレイに切り取れてます。


これくらいの萌え絵タッチでも一応認識はしてくれた。
顔の中とかは関係なくシルエットで判定してるのかな

切り抜きは完璧ではないのでちょっと修正は必要だけど
1から自分で透過するのに比べたらだいぶ楽

難点としては画像サイズ制限が500×500なので
デカい画像は縮小されてしまうことと
変換の度に画像認証をさせられること

他にも透過フリーソフトがあるようなので
後日試してみます

拍手

新しいペンタブが来た

動作のおかしいままFavoでがんばり続けてたけど
ようやくWin10対応のIntuos新しめバージョンを購入

ペンタブがちゃんと正常に動く…(T∀T)

元値は8000円くらい?のやつを中古半額でゲット。
絵の描き心地や操作性はあまりFavoと変わらないですね。
デザインだけスタイリッシュになった感じ。

モニタ22インチでsサイズは小さすぎかなと思ったけど、
以前のSサイズより描画面積が少し広くなってるので
そんな不便も感じることなく普通に使えてます。

良いところは板もペンも軽くて持ち運び◎で場所もあまり取らないこと。
板に4つのショートカットボタンが付いててちょっと便利。
芯の交換キットがペンについてて交換が簡単そう。
必要十分な機能で余計な付属品もなく、良心的な値段設定。
セットアップも簡単、細かい設定画面も分かりやすく初心者に優しい。

自分的に難だったのは
紙に描く感じを再現したかったのか、ペンと板の摩擦感がけっこう激しく
(黒板とチョークみたいな)すぐ芯がすり減りそうな感じ。
今までツルツルの板に慣れてたので、この摩擦感は慣れない。
(今は板にビニールをかぶせて表面ツルツルにして使ってます)
あとPC起動の度に、設定した各種ペン設定が全てリセットされるという
謎のバグが何やっても治らない(T∀T)それ以外は満足してます

拍手