忍者ブログ

◆あまなつ制作記◆

Home > ブログ > 記事一覧

顔グラ素材の壁

顔グラ素材サンプル作ってみた

作る上で何が一番大変かというと、
背景を透過させるのと(地道に輪郭外を消しゴムで消す)
一個ずつ元絵サイズがバラバラなので
同じくらいに目分量でサイズ調節しないといけないこと。
この2点が神経摩耗ダメージ大の作業ですね…

逆にその2点さえやらなくていいなら
10倍くらい多い量の生産はできそう。
でも背景透過されてないのは素材としては致命的で、
全然使ってもらえない気もする(ノД`)
あと表情差分とか作るのも自分的にはけっこう難易度高いし
若者しか描けないのでキャラのバリエーションも乏しくなる。

なので顔グラ素材としては
あんまり需要ないような気もしてきた。
でもピクシブとかに普通のイラスト作品として上げるにしても
見ものになるようなレベルじゃないので気が進まないし

今の感じだと簡単に透過できるやつはやるけども
難しいやつは無透過のまま出しといて
使いたい人は各自で加工をどうぞ
という感じになりそうかな

あときのう気づいたけど、「ペインチェツナー」じゃなくて
正しくは「ペインツチェイナー」ですね。ボケてました。

拍手

PR

グラボについて/DTMや絵描きには必要か

BTOのPC購入の際にはグラボのグレードなどを
選ぶ必要がありますが、グラボ(グラフィックボード)の必要性について

<グラボが活躍する時>
・動画再生・動画編集
・3Dゲーム、アクション系ゲーム、グラフィックが売りのゲーム
・専用ソフトを使った3D映像の編集、処理
・とにかく大量の画像が動く系の作業

これらの作業をする時に性能のいいグラボを積んでると
処理が早くスムーズに編集などができるらしいです

私は動画編集や3Dゲームはやらないけれど
イラストは描くのでグラボは一応積んどいた方がいいかな?
と思い調べてみたところ、イラスト描く程度では
画像処理力そんなに必要ないので、別にグラボなくてもokとのこと
逆にグラボにお金かけるくらいなら、イラスト用の重いソフトでも
さっくり使えるようにメモリ増やした方が効率的みたいです
メモリはDTMでも重要ですしね

また動画編集の際にグラボが活躍してくれるのは
ほとんどが本格的な有料ソフトの場合であって
Win付属のムービーメーカーとかフリー動画編集ソフトとかでは
グラボ使ってくれないらしいので、いいグラボ積んでもあまり意味ないとか。

そしてPCパーツの中で最も電力を食う2トップは
CPUとグラボで、特にグラボはグレードと共に消費電力もUPし
付けておくだけで電気代が上がってしまいます。
消費電力が上がると、電源ユニットのワット数も上げないと不安定になるので
電源ユニットのグレードも上げないといけなくなってきます。

そんなわけで私のPCはグラボのグレードを1ランク落として
(NVIDIA GeForce GTX1050→ GT1030)組みました。
CPU内臓グラボ(最安)にしてもよかったんですが、
DTMの波形描画とか編集画面の描画にグラボがちょっと貢献するらしいので
あと将来動画編集しないとも限らないので、最低限だけ乗せときました。

拍手

自動着色ソフトその2

チェツナーさん以外にも自動着色サービスを見つけた
Style2Paints
使い方説明ページ

(左/スタツーさん)(右/チェツナーさん)/デジタル線画を着色

スタツーさんいい感じにゲーム風に塗ってくれる( ゚∀゚)
チェツナーさんはファンタジック、水彩風な感じ

↓アナログボールペン画を着色

チェツナーさんは背景込みで着色、
スタツーさんは背景は白、または黒で統一
両方透過機能はないみたいです

<チェツナーさんの特徴>
〇全然違う3パターンで塗ってくれる
〇ファンタジック、幻想的、水彩風加工が可能
〇背景込みで着色してくれる
〇着色スピードが早い
〇アンドゥ、リドゥが可能
〇ボタン一発で配色リセットが可能
〇線画機能もあるので、ちょい足し描きがすぐできる
〇色指定の状況が分かりやすい
×色指定するとぶちまけ塗りになったりする
×細かい部分の色指定は苦手
×ぼんやり、まだら、ふわふわになりがち
×絵サイズによってパレットが途中までしか表示されない
×デフォルトで自動更新チェックが入ってるので毎回外すのが面倒

<スタツーさん>
〇アニメ風、ギャルゲ風塗りが得意
〇色指定が割としっかりできる
〇配色パターンが豊富で自分で指定画像をUPもできる
〇光源指定やその他細かい設定機能もある
〇線画も綺麗めに補正してくれてる気がする
〇ぶちまけ塗りなどにはあまりならず、それなりに綺麗に仕上げてくれる
×アンドゥ、リドゥができない
×色指定ポイントが小さすぎて配色状況がわかりにくい
×配色リセットボタンがないので一個ずつ消しゴムで消さないといけない
×アナログ画の着色は苦手っぽい
×選べるパターンが多すぎて優柔不断は苦悩する
×着色後はかなり拡大されて(デカいサイズになって)戻ってくる
しかもPNGなのでファイルサイズもデカい


背景黒のダークめパターン(着色後ちょっと目を加工)

↑の元線画。メイク(色)の力で大変身\(^o^)/

拍手

win10とペンタブの難

win10にしてからペンタブの動作がおかしくなったという話は
山ほどあるようですが、それもwin10がペンタッチ入力とか
タブレットモードだとか色んなペン関係の機能を
追加しまくってしまったために、競合したり混雑したりで
挙動がおかしくなってしまってるようです。
私のペンタブも今マトモに動いてません(;∀;)

完全に治ってないので参考にできるかわかりませんが
一応調べてやった対策などメモ(ワコムFAVO使用)

・ワコムのペンタブレット設定画面(プロパティ)で余計な機能のチェックを全て外す
・コントロールパネル→ペンタッチ画面で余計な機能を全部外す
・座標検出モードをマウスorペンの動作が正常な方を選ぶ
・デジタルインクの使用ON・OFF動作が正常な方を選ぶ
・プログラム→管理ツール→システムでTouch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを無効に
・Winマーク+iで出てくるWin設定画面のデバイスでペンとWindows Inkの余計な項目を外す(視覚効果など)
・同じくWin設定画面のシステム→タブレットモードで正常動作する方を選ぶ
・コントロールパネルのプログラムの追加と削除みたいな所で
ペンタブ関係の余計なプログラムがあれば削除する
タブレットドライバをwin10用の最新のものをインストールし直す
・winアプデで最新状態に更新する

私が使ってるペンタブが古いせいかもですが、色々いじって、
設定をAにしたら普段動作は問題ないけど、筆圧無効になってお絵かきできない、
設定をBにしたらお絵かきは正常にできるけど、普段使い時にバグる
みたいな感じでどうがんばっても両立が不可能状態です(;∀;)

なのでこれはもうWin10対応の新しいペンタブ買い直すしか
完全な解決策はないかなと思ってる所ですが
最新の新品ペンタブって高いよねぇ…
PCモニタにDTM機材も買わなきゃだし
出費がかさむなぁ…(;´Д`)

拍手

Magnate MS/ドスパラ/感想

私が買ったPC機種Magnate MSの感想になります。
購入元はドスパラのネットストアで新品/保証オプションなし。
電源をオウルテック400w静音電源にグレードアップ。
パーツ代10000円超えでちょっと高かったですが
電源はPCの心臓部、電源がPCの寿命を決める
とか書かれてたので、そして確かに前のPCが電源故障で壊れたので
PCの寿命延長のつもりで思い切って購入。
電源ファンの音がうるさいという事例もあったりしますが
静かに、ほぼ無音で動いてるので思い切って正解だったかな( ^ω^)
CPUファン音も小さくジーーと鳴ってるけど気にならない程度です
たぶん静音まんぞくパックとかにしたらほぼ無音化できるのでは

HDDはうるさくて取り外してしまって現在使えてないのですが
ダメもとでサポートにメールしてみたら
内部の具合が悪いかもしれないから修理に出してもらえれば見ますよ
保証期間内なので送料も修理費もタダです
とすぐに返信もらえました。ただ故障じゃなくて仕様の範囲だったら
修理はせずに返され、送料もかかるし、フォーマットで中のデータ全部消えたり
OS入れ直しで初期化されてしまうこともあるようなので
あと郵送トラブルとかで、今せっかく静かなのに
ファンの軸とかズレてうるさくなったりしたら嫌だなという懸念もあって
修理には出してません。
購入前にチャット相談もしたけど丁寧な感じで
サポート対応は良い感じと思いました。

新しいPC使いにくい使いにくいと愚痴ってますが
Win10の仕様に対してであって、
ドスパラのPCが悪いというわけではないですので
起動も早いし概ね満足してます( ^ω^)

拍手