忍者ブログ

◆あまなつ制作記◆

Home > ブログ > 記事一覧

アナログ絵からの限界

だいたい200枚くらいのアナログ絵を
チェツナーさんに塗ってもらって傾向が分かってきた。

今までけっこうキレイめに塗ってくれたやつを載せてたけど
大半はこんな感じ

ボヤけすぎててまだらでとてもそのままでは使えない
なので改めてデジタルで線画から書き直すか、
うまいことペイントソフトで加工して輪郭を書き直したりとか
しないと素材としても最低限クオリティにはならないかなぁ…
×2000枚なので、全部やるとしたら2年くらいはかかりそうだけども( -ω- )
DTMもやりたいし、ゲームも作りたいし、どれを取ろうか…

拍手

PR

PCカスタマイズ/win10

色々いじってだいぶ元のPC状態に近づいてきました。
いじりすぎて起動しなくなったソフトとかもあるけども(;∀;)
不要なサービス、ソフト、自動なんとかは全て停止し
アプデも手動に(win10Homeでは自動以外にするは不可能と書かれてたけど
専用フリーソフト使ったらできました)
うるさいHDD(保存用)は今は使ってないのでコードを外して隔離して
あとはモニタの買い替えと、動かなくなったソフトの修復ができれば
とりあえずカスタマイズ完了。

<作業フォルダをXP風に近づける方法>
切り取り、貼り付け、削除などのアイコンがなくなってしまったwin10の
作業フォルダ画面に、それらのボタンを復活させる方法。
前にPCで愛用していた「ClassicShell」というのをDLしてみたんだけど
win10のリセット機能?で無効にされてしまうので、
大きいアイコンは無理みたいですが、小さいボタンなら復活できるみたいです。

・上のバーから「リボン」を出す(最小にのチェックを外す)
・バーに追加したい機能の上で右クリック→クイックアクセスツールバーに追加を押す
・バーの上の▼みたいな所を押して「バーのカスタマイズ」
・並べたい順に押すとボタンが追加できます


拍手

新しいPC来た

覚悟はしてたけど、めっちゃ使いにくい(;´ρ`) (;´ρ`) (;´ρ`) 
なんかもう使いやすいようにカスタマイズしたら
ことごとく自動リセット?みたいなのされて元に戻っちゃうし、
愛用してたソフトは謎のクラッシュして動かないし、
重くていらんアプリは消せないし停止もできない、アプデは完全強制、
スペック上げてSSDにしたから早くて快適になったかというと
その分いらんアプリや機能が増えてるので動作速度はあまり変わらず…

そして何より音がうるさい。わざわざ静穏パーツ選んだのに
10分置きくらいにガガッ、ブーン、キュイーンなどの様々な雑音が鳴る。
これは調べてみると自動メンテナンスだとか、インデックス付け?のため
巡回してたりアプデを自動でしまくってたり?で
とにかくいらんことを勝手にしまくってくれるわけですよ。

そんなのいらないから、最低限の機能でいいし、
新しい機能とか求めないから、うるさくない安定したPC環境求む(´-`;)
元の環境に近づけるためにしばらくカスタマイズがんばります

<スペックメモ>(ちょっと変更した)
ドスパラMagnate MS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i5-8500 (3.00GHz-4.10GHz/6コア/6スレッド)
グラフィック NVIDIA GeForce GT1030 2GB
メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
電源 オウルテック 400W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-400)
ハードディスク 1TB HDD
SSD  240GB SSD 
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)
マザーボード インテル H310 チップセット マイクロATXマザーボード
サウンド マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
ケース Diginnos EM041 ミニタワーケース (MicroATX)
入出力ポート 前面:USB3.0 x2 背面:USB2.0 x2 USB 3.1 Gen1 x2
101,822 円(税込)+送料2160=合計 ¥103,658円

拍手

自動着色ソフト2

自動着色ソフト、あれからも何度か使ってみたけど
色指定すると絵の具ぶちまけたみたいな塗り方をされるので
ちょっとコツがいりますね。というか
細かい部分の色指定は実質無理っぽく(ぶちまけ塗りなので)
全てお任せで着色してもらった場合が一番うまいことやってくれるので
わずかな色指定のみで何パターンか塗ってもらって
ダウンロードしたやつをあとで自分でペイントソフトで
重ねたり微調整するのが現実的かなぁ…
ボタン一つでここまでやってくれるので十分な機能ですけどね

もひとつ発見。
がんばってトレスした線画よりアナログ元絵のままの方が
なんとなくファンタジックでいい感じに塗ってくれる気がする

<デジタル線画>   <アナログ元絵>
   
服が微妙に違うけども、全体的な雰囲気とか。
アナログ絵の胸についてるのはTKBじゃなくて飾りですよん(^x^)

着色ソフト使うために一枚ずつデジタル線画にしなきゃと思ってたけど、
それすらも必要ないとか本当に救世主すぎる(T∀T)
今まだ思索段階だけど、いい感じに量産できそうな感じなら
できあがったイラスト達は素材として配布するつもりです(・∀・)

拍手

バーチャルユーチューバー

自動着色で検索してたら見つけたけど、こんなんあるんですね。

これは初音ミクのようなソフトで、
このアバターを誰でも使えるってこと?
と思ったら違うんですね。なんかプロの集団が
本格的なスタジオで、3Dアニメーション作って
それとボイスをミックスして作ってるらしい
制作費は300万?とか書いてあったような
他のそれなりに本格的にやってるVユーチューバーも
そういう専門的な人と提携してるっぽいですね

でも探してみたら、Webカメラで撮った映像と
3Dアバターの動きを連動させて動かすフリーソフト
みたいなのも出てきてるので、別にプロじゃなくても
お金かけなくても、気軽に誰でもバーチャルユーチューバーに
なれる日はそう遠くない気がする。
私は自動着色ソフトを知った衝撃から、
もうなんでもできそうな気がしてきた。

それでバーチャルアイドルやボーカロイド、
バーチャルユーチューバーも進化してどんどん増えてったら
そのうち「昔は人間がアイドルやってた時代があったらしいよ」
なんて言われる日が来るのかもしれない

拍手