忍者ブログ

◆制作記◆

Home > ブログ > PC環境関連

電源ユニットについて

BTOパソコンのパーツを選ぶ際の電源ユニットについて
パソコンにあまり詳しくない人は電源にこだわらない人が多いと思いますが
電源はPCの故障原因のトップ3パーツであり、
壊れると他のパーツも道連れにするという性質があり、
PCの動作や寿命を決める重要なものらしいので
BTOで組み立てる時は是非こだわっておきましょう!

●ワット数の選び方
自分の買おうとしてるパソコンの消費電力を
↓のような消費電力計算サイトで調べる
https://outervision.com/power-supply-calculator
PCパーツを入力すれば、消費電力を自動計算してくれます。
そこで出た数値の1.5~2倍のワット数の電源ユニットを選びます。
私の場合は230ワットほどだったので、
デフォルトの400Wで十分ですね。
消費電力多いのは主にCPUとグラボなので、
電力抑えたい人はその二つのグレードを見直すと良いでしょう。

●規格(電力変換効率)の種類
スタンダード、80プラス、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナム、チタニウム
などの種類があり、右に行くほどグレードが上がります。
これはコンセントからもらった電気をPC用に変換する比率の高さを表します。
←ほど変換効率が悪く、電気を無駄にしてしまいます。
といっても最近の電源は質が上がっているので、最低80プラスでも可、
ゴールドくらいで十分だと思います(自分はゴールド選びました)
変換率の一覧はこちら
https://www.dospara.co.jp/monotech/monolabo/4950.html

●メーカー
これは好みだと思いますが、色々調べて私が良さそうと思ったメーカーは
Enhanceです。マニアの間では品質の高い部品メーカーということで
愛用者も多いようなので、ホントはこのメーカー選びたかったんですが
私のBTOパソコンでは選べないようになってたので
次に信頼性の高そうなオウルテックを選びました。
オウルテックも日本の職人メーカーなので十分質は高いと思います。
一部で電源ファンの音がうるさいというレビューも見かけましたが
うちのはほぼ無音で動いています。

BTOのデフォルトでよく使われているのはデルタやアクベルで
こちらはプレステの電源などにも使われているらしいので
悪くはないけど、PC電源としては最低限という印象。
運がよければ長生きしてくれると思いますが
電源は取り換えも素人にはハードル高いパーツなので
最初に良いものを選んでおきたいですね。

その他電源ユニットについて詳しい解説ページ(ドスパラ)
http://torano-maki.net/capture/custom/power_supply.html
PR

新しいモニタが来た

15インチ→22インチへ
デスクトップはペロニャンコ( ^ω^)

写真ではわかりづらいけど、デカくて威圧される(;´Д`)
今まで使ってたブルーライトカットフィルムを付けてみたら(画面左半分)
ちょうど半分なので、大きさ倍になりました。

ペンタブちょっと動かしただけでポインタが
めっちゃギューーン移動する
絵描きにくそう(;´Д`)

そしてなんだか分からないけど、
色調整しても画面全体が白っぽく眩しい感じで
文字が薄くて読みにくいし、色も薄くてキレイではない感じ。
一応定価3万超えてるモニタなんだけど(;∀;)
今まで使ってた15インチ2000円(中古)の方がまだ見やすかった。
これはたぶんひと昔前のモニタはLEDが使われてなくて
違う光源が使われてたせいかもしれない。

そして今使ってるペンタブが
たぶんこのデカサイズ画面に対応してなくて
ポインタが真ん中の決まった範囲までしか動いてくれないし
お絵かきソフトでも5センチくらいズレた位置に描画されるという
謎症状がどこいじっても治らないので、ペンタブも買い替えるしかなくなった。

それにしても画面が見にくい上に目がチカチカするので
これから長時間画面見ることになるし、
思い切って違うやつに買い替えた方がいいのでは!?
という考えもよぎったけど、とりあえずできること全部やってみようと思って
調べてみると、画面の調整は本体・ドライバ・winのグラ設定
の3方向からできるらしいので、全部やってみたところ
前のモニタの感じにだいぶ近づけることができました。

一番効果的だったのが、win10についてる「夜間モード」という機能
これブルーライトを低減して、少し黄色っぽくなるけど
刺激性の少ない目に優しい色にしてくれる機能です。
これ+本体で明るさを下げた所、目のチカチカがだいぶ軽減。

そして前のモニタで使っていたブルーライトカットフィルム、
貼り付けた左半分の画面だけ文字の見にくさも改善され
目への刺激性もさらに減っているので、
これを全面に付ければたぶん完璧+(・∀・)+

グラボについて/DTMや絵描きには必要か

BTOのPC購入の際にはグラボのグレードなどを
選ぶ必要がありますが、グラボ(グラフィックボード)の必要性について

<グラボが活躍する時>
・動画再生・動画編集
・3Dゲーム、アクション系ゲーム、グラフィックが売りのゲーム
・専用ソフトを使った3D映像の編集、処理
・とにかく大量の画像が動く系の作業

これらの作業をする時に性能のいいグラボを積んでると
処理が早くスムーズに編集などができるらしいです

私は動画編集や3Dゲームはやらないけれど
イラストは描くのでグラボは一応積んどいた方がいいかな?
と思い調べてみたところ、イラスト描く程度では
画像処理力そんなに必要ないので、別にグラボなくてもokとのこと
逆にグラボにお金かけるくらいなら、イラスト用の重いソフトでも
さっくり使えるようにメモリ増やした方が効率的みたいです
メモリはDTMでも重要ですしね

また動画編集の際にグラボが活躍してくれるのは
ほとんどが本格的な有料ソフトの場合であって
Win付属のムービーメーカーとかフリー動画編集ソフトとかでは
グラボ使ってくれないらしいので、いいグラボ積んでもあまり意味ないとか。

そしてPCパーツの中で最も電力を食う2トップは
CPUとグラボで、特にグラボはグレードと共に消費電力もUPし
付けておくだけで電気代が上がってしまいます。
消費電力が上がると、電源ユニットのワット数も上げないと不安定になるので
電源ユニットのグレードも上げないといけなくなってきます。

そんなわけで私のPCはグラボのグレードを1ランク落として
(NVIDIA GeForce GTX1050→ GT1030)組みました。
CPU内臓グラボ(最安)にしてもよかったんですが、
DTMの波形描画とか編集画面の描画にグラボがちょっと貢献するらしいので
あと将来動画編集しないとも限らないので、最低限だけ乗せときました。

win10をXP風に近づける

色々いじってだいぶ元のPC状態に近づいてきました。
いじりすぎて起動しなくなったソフトとかもあるけども
不要なサービス、ソフト、自動なんとかは全て停止し
アプデも手動に(win10Homeでは自動以外にするは不可能と書かれてたけど
専用フリーソフト使ったらできました)
うるさいHDD(保存用)は今は使ってないのでコードを外して隔離して
あとはモニタの買い替えと、動かなくなったソフトの修復ができれば
とりあえずカスタマイズ完了。

<作業フォルダをXP風に近づける方法>
切り取り、貼り付け、削除などのアイコンがなくなってしまったwin10の
作業フォルダ画面に、それらのボタンを復活させる方法。
前にPCで愛用していた「ClassicShell」というのをDLしてみたんだけど
win10のリセット機能?で無効にされてしまうので、
大きいアイコンは無理みたいですが、小さいボタンなら復活できるみたいです。

・上のバーから「リボン」を出す(最小にのチェックを外す)
・バーに追加したい機能の上で右クリック→クイックアクセスツールバーに追加を押す
・バーの上の▼みたいな所を押して「バーのカスタマイズ」
・並べたい順に押すとボタンが追加できます

新しいPC来た

覚悟はしてたけど、めっちゃ使いにくい(;´ρ`) (;´ρ`) (;´ρ`) 
なんかもう使いやすいようにカスタマイズしたら
ことごとく自動リセット?みたいなのされて元に戻されてしまうし、
愛用してたソフトは謎のクラッシュして動かないし、
重くていらんアプリは消せないし停止もできない、アプデは完全強制、
スペック上げてSSDにしたから早くて快適になったかというと
その分いらんアプリや機能が増えてるので動作速度はあまり変わらず…

そして何より音がうるさい。わざわざ静穏パーツ選んだのに
10分置きくらいにガガッ、ブーン、キュイーンなどの様々な雑音が鳴る。
これは調べてみると自動メンテナンスだとか、インデックス付け?のため
巡回してたりアプデを自動でしまくってたり?で
とにかくいらんことを勝手にしまくってくれるわけです。

新しい機能とか求めないから、うるさくない安定したPC環境求む(´-`;)
元の環境に近づけるためにしばらくカスタマイズがんばります

<スペックメモ>(ちょっと変更した)
ドスパラMagnate MS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i5-8500 (3.00GHz-4.10GHz/6コア/6スレッド)
グラフィック NVIDIA GeForce GT1030 2GB
メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
電源 オウルテック 400W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-400)
ハードディスク 1TB HDD
SSD  240GB SSD 
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)
マザーボード インテル H310 チップセット マイクロATXマザーボード
サウンド マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
ケース Diginnos EM041 ミニタワーケース (MicroATX)
入出力ポート 前面:USB3.0 x2 背面:USB2.0 x2 USB 3.1 Gen1 x2
101,822 円(税込)+送料2160=合計 ¥103,658円