忍者ブログ

◆制作記◆

Home > ブログ > 制作記

しまむらくんクエスト

しまむらくんが主人公のRPGゲームやりたいなぁ
と思って探してみたけどなかったので作ってみる

出来上がるかは謎。しかししまむらくんは可愛いなぁ・・
PR

てす中/豚

  
なんで豚が主人公なのかというと
豚もおだてりゃ木に登るってバカにする感じで使われるけど
おだてられただけで木に登る能力を得られるって凄くないか?
おだてにそんな力があるなんて、まるで元気玉みたいだ
みんなどんどんおだて合えば、一人じゃできないことでも
やれるようになるんじゃないか
みたいなノリで主人公が豚になりました。

決して主人公の肩書きを「雌豚」にしたかったとか、
途中で人間化して美少女が雌豚呼ばわりされる展開にしたかった
とかそんなやましい動機なんてないんだから

豚RPG

前にちょろっとだけ書いた
主人公が豚の短編RPGがなぜかもうすぐ完成。
 
長編ファンタジーが作りたいのに
なぜか望まぬものばかりが出来上がってしまう不思議
理想の自分と現実の自分が違うように
作りたいものと作れるものは違うんですね┐(´-`)┌

テストプレイなう/ムリヤージュ

戦闘バランス調整がね・・
だいたいこれくらいかなーと設定して
通しプレイ一回目やるでしょ
そしたらだいたいバランス崩れてるから
また1個ずつ全部入力し直すじゃん
10箇所くらい入力マスあるから10×敵100体くらいで
1000マス分コツコツ入力し直して、
通しプレイ2回目やるじゃん
でも2回程度じゃバランス整わないから
そういう作業をあと何回かやって、また通しプレイでしょ
鬼畜作業すぎて腕と目と神経がもげそうです

制作記のみお引越し

制作記を書きたいのはやまやまだけど、
小ネタ集の方にあまり小ネタ以外の記事を増やしたくない
というわけで、使ってないこっちのブログに
制作記を書いていくことにします。
こまめに制作状況を書いていくことによって
強制的にモチベーションを上げようっていう 

ダンジョンを隠しておく

製作中のワールドマップ

1個ダンジョンをクリアすると


次のステージが現れる


最終的にこうなる

次のダンジョンが現れるフラグの管理とか考えると
ダンジョンを隠しておくこのシステムより
最初から全部ステージ出してた方が数十倍楽なんですが
隠れてた方が「次は何が出てくるだろう?」という
ワクワク感があるし、まぁこういう細かいことを
面倒くさがらずにやるかやらないかが、
楽しいゲームか糞ゲーになるかの分かれ道になるんだ
と自分に言い聞かせながらがんばってます。
しかし10分置きくらいに
ムア”ァァァ(ノ゜皿゜)ノ彡┻━┻彡┳━┳彡┻━┻もう無理!!
ってなるw

で、この1個クリアしたら次のダンジョンが現れる
仕掛けの作り方は、レイヤー1と2でマップを書き、
レイヤー3は天井タイルで全面塗りつぶし、
一個ダンジョンクリアするごとに
通常変数を使って、次のステージを出現させるボタン
(上のマップだと黄色い矢印)を出現させ
それをクリックするとレイヤー3にマップチップ上書きで
タイル0番で削りたい面積分だけ削り、
同じ矢印のページ2の並列実行でマップチップ処理を保存させる
という感じのをダンジョン数分作って配置するとできます。
天井タイルを並列チップ処理で「主人公より上」
にしておけば、イベントもちゃんと隠れます。

しかしこれは出現条件がバラバラになるので
テストプレイも一気にできず一苦労しそう(-.-)